12月 9日 土曜日 寮暮らし

https://www.instagram.com/p/BOUClEQgWQZ/

 

寮暮らしというのは最高なのでみなさんに強く勧めたい。寮暮らしは、簡単な言葉になってしまいますが様々な価値観の存在を認識できるようになる。そうすると、その後の人生で出会う変人たちへの対応について、大きなアドバンテージを得られることになる。というか自身が変人になれる。それが大きな強みです。

 

寮暮らしといっても様々あるらしい。アパートのようにキッチントイレ風呂つきのひと部屋に1人ずつ住んでいるだけのものも多いらしい。食堂はなく、寮にいるものはそれぞれの部屋で食べるところもあるらしい。

わたしがいたのは、勉強机とベッド、クローゼットがどれも二つずつ備えられたひと部屋に2人で住むものであった。上級になれば、ひとり部屋へ移ることができるようになるが、風呂トイレキッチン洗面台、洗濯機乾燥機などは共用。食堂付き。食堂は男子寮の生徒たちと同じ場所である。

 

素晴らしい日々でした。試験前の夜中はキッチンから誰かの作るラーメンの匂いが…。2月14日が近づく頃は毎週末チョコレートの匂いが…。日付が変わる頃は、冷蔵庫の番人が賞味期限の切れる牛乳を狙いにキッチン待機…。冬の週末にはアップルパイも焼いた。冬の夜はココアをたくさん作って高田と飲んだ。消灯後にもあつまっておしゃべりしたり踊ったり歌ったり、エッチなビデオやホラー映画を見たり、鍋パーティーとか餃子パーティーに呼んでもらえたこともあった。

 

週末、午前中に起きてお化粧して髪を巻いている子には「オッ デートか?」と声をかける。「わたし今まで気づかなかったんだけど、左右とも同じ方向に巻いてたさ! こっちは内巻きでこっちは外巻きなの!」と返ってきた。

 

玄関、綺麗な服を着て靴を履いてる子を見たら「オッ デート?」と声をかける。「そうですよー。いってきまーす。」素直な後輩だ。行ってきますとおかえりを、家族以外の人々と言い合える環境って素敵ですね。今気づきました。隠しても仕方ないのでデートはデートというような気がする。これもまた家族以外の人々の間でこんなに秘密を持ちにくいこと ステキなことですね。今気づきました。

 

「トモスー 朝だよー!」から始まります。ぼんやり起きてのたのたして、「トモスー ごはんいこー」です。2人で渡り廊下を歩いて寮長たちを迎えにいく。素敵な時間を過ごしている。

 

焼きたてクロワッサンとパンケーキの日は嬉しい。寮食のおばさんやおじさん、「寮食、おいしくないよね。」と言いつつ、工夫してくれてたんだなって思う。嬉しい。わたしは夜の寮食いつもお魚。

 

日曜朝は食堂でプリキュアを見る。うまいこといけば男子も女子もプリキュアを見ている。われわれのときはおとぎばなしのプリキュアだったような… 黄瀬やよいちゃん。

 

平日は星占いをチェックしてパンを食べますが、食堂出る頃には忘れてる。

 

歯磨きしたりして上着着たりして学校行ってたのかな。記憶がよくわからず。まっすぐの道歩いて校舎のドア開いて教室まで5分で遅刻していてとはいえ出席も取らないけど、あれきょう移動教室だっけとかいって増設に増設を重ねた校舎の中で道に迷いさらに遅刻して、理科室のようなところの入り口で、助手のおばさんに「いつもかわいい格好してるわねー」と声をかけられおはようございます、遅刻しました、着席。もう寮の話ではない。「おいまた遅刻?」と佐々木くんに言われる。

 

ランチの時間も時間割により待ち合わせして食堂に行ってたっけ。いろんな種類の丼。後半は、マヨネーズと七味唐辛子をたくさん追加する。

 

みんなそれぞれの部活が終わって19時過ぎごろまた食堂で合流できます。

 

「トモスお風呂はいりにいこー」でお風呂に入りに行きます。ああ楽しかったな。風呂の前にビリーズブートキャンプしたり、バイパスをジョギングしたり、アニメを見たりする。

 

夏の17時ごろに入るお風呂も最高。高い位置の窓からまだ空が明るくてお湯は綺麗だし、人は少ないし。いつもと違う面子のお風呂。

 

22:00 門限、22:30 点呼。点呼の後は静かに遊ぶ。24:00 就寝。

 

記憶がざっくりですがそんな感じ。本当はもっとあるけど今日の分は今日の分。帰ったら友達がみんないるなんて…。