http://instagram.com/p/uEMH-LrkDx/

 

 

あのあとその女性が彼を食事に誘うのが聞こえた。ちょうどよかった、今みんなとそこへ行こうと話していた、君も一緒に行こうよという話だった。男があらわれて、はっきり見るのがひとつきぶり。夢ですか?と隣の女性に確認した。会話もできないまますぐに仕事へ戻っていった。ゆっくり口を開いたり閉じたりしながら笑う時計があるが知らない言語を話す。おおきなとびらを開けると雪が積もった道の向こうに彼らが去っていくのが見える。屋敷に戻ると、川村くんと新しいガールフレンドが屋内で模擬ピクニック。その向かいの部屋の窓からは8月の晴れた青空が見えます。ホールに戻ったところで、冒頭のことを聞いたんだった。どこまでが夢なのかわからなくて目を覚まし、そもそもが夢なので全てが夢だった。という夢を見た。地獄のようだった。

Remove all ads