かわいい

 

高田が飛行機で帰るから、雨の中、彼女の運転する車で海岸の空港まで向う。「今日は見送るよ」とわたしが言って、彼女は「そう、上のほうに展望室があるから」ってこたえてた。実際には展望室はなくて、上の方にバルコニーみたいなのがあるから、5階分くらい階段と梯子を登るんだけど、3階あたりから植物が増えてきて温室の植物園みたいな雰囲気になってる。そこで彼女の飛行機が飛んで行くのを、搭乗者である彼女自身と待っていた。外は雨で、海が見える植物園は最高のロマンチックだった。って夢見た。

空港までの道のりの途中で謎のロン毛男が出てきたけど無視して空港へ向かった。