釧路動物園に行った(下)

アシカに生魚あげて生臭い手を飼育員さんがくれたお手拭きで拭き
隣の池にはカワウソがいました


カワウソの兄弟(?)

くるくる回りながら泳いでいてふたりで遊んでた
とても速い。


奥へすすむとらいおんやとらがおりの中にいた
みんなゆっくり休んでいました


ライオンのメス


オスのライオンは遠くの木陰でやすんでいました
ベロがちょろっと出ていてかわいかったです



とらは動いてた


その隣の隣の檻にはココアちゃん(とら)がいて
おばさんがココアちゃんにガラス越しに話しかけてた
まるで飼い猫に話すように話しかけてたんだけどココアちゃん
まるで飼い猫のようにほとんどねこちゃんでした


ねこちゃん(ココア)

ネコ科のどうぶつたち 眠そうだった。

つぎはサル山でぱくぱくたいむだよ(餌付け)


猿さんたち

さる たくさんいたんだけども、
餌をあげていれば勝手に子どもを生みつぎつぎ増えていきそうに見えた
水槽の中でメダカ飼っているような感じなのだろうか
虎やしろくまのように人が繁殖の相手をさがしてきてやったり、その後の子育てを助けることもなく、
あのサル山がひとつの村や集落のように、放っておいても彼ら自身でつぎつぎと子を産み、育て 年老いた猿たちはひっそり息を引き取るのだろうか...
みたいなことを考えていました(餌付けしながら)


ふくろうの森 がある
「どこにふくろうがいるの」
「暗くてよくわからない」
「みんな眠ってるのかもしれないよ」
しかしふくろうはすぐ隣にいてわたしたち人間のこと見てた(こわい)


こっちを見ている

ふくろう 無表情で体も反対側を向いているのに、
顔だけこちらを向けてじっと見ているのできっと興味があるんだとおもった


どうぶつえんに人は少なかったけど さらにひと気のなくなって来たところ。
クマはうちの犬と似ていてかわいかったです。


おやつください ってする。



そのあとアフリカや熱帯の密林奥深くに住む先住民の
神々しい儀式のときに聞くような雄叫び(それか、密林での狩りの時に使う動物の鳴き声にまねた人の声)のような声を発する
テナガザルたちを人間が数人見ていたところを横切り

遠くで草を食むトナカイたち(トナカイは、メスにも角があるめずらしい動物です)や牛の仲間みたいな牛たち、作り物と間違うくらい動かないおおきい馬みたいな牛を観察しました


牛なのか馬なのかわからないけどそれはあまり重要ではなさそう

道を進んでいくとふたりのレッサーパンダに会いました


レッサーパンダそれぞれ

ずっと草を食んでいるひと
ずっと遊具の決まった通り道を回り続けるひと



だいたいはこれでおしまいです
ほかにもシマウマとか水鳥とかいたよ。

ちいさい遊園地もあったので、ちょっと乗って遊んだ
100円で乗れるこわい乗り物がとても恐怖で、
叫びながら乗ってた 100円以上怖い。


平日に行くどうぶつえんは空いていてどうぶつたちに
餌をあげられるし、ゆっくり観察できるのでとても楽しいです。
休日のにぎやかなのもたのしそう。
どうぶつたちが会話の中心になるから初めてのデートに
どうぶつえんを選ぶのもよいと思う。(閉園時間も早いし)

どうぶつえんの動物たちは、夜なにを過ごしているんだろう
あと、どうぶつえんの動物たちは散歩に行きたい時はどうしているんですか?

釧路市動物園
http://www.city.kushiro.hokkaido.jp/icity/browser?ActionCode=content&ContentID=1143024631871&SiteID=0

釧路市動物園
http://twitter.com/#!/kushirozoo