アネットさん

冬に青い光 ますます寒々しい 

 

 

今日も寝坊してしまってひどいという話をかずちゃん(お肉屋さん)にしたら、きっちり叱られました。この生活をあらためてきちんと人間らしい生活をしようと、わたし強く思いました。かずちゃんは叱るけど怒らないでいつもの感じで言ってくれるので本当にやさしくていいお父さんです。わたしはひとりで暮らしていて外に出てもべつにだれが待っていてくれるわけでもないし、って思っていたけど、かずちゃん待ってるので明日こそはちゃんと朝おきて、遅刻しないで学校に行きます。

 

塾でアルバイトしていた時は遅刻してなかったし一度だけ、電車を間違えて30分遅れてしまったことがあったけど、それ以来はずっと30分や50分まえに教室に居た、あれもたぶん行けば生徒さんと他の先生たちがいることと、早めにきても室長さんが雑用をわたしに頼んでくれていたし、教科書整理したりするのも楽しかったし、外に出るモチベーションは誰かに会うとか、誰かが待っているとかがないとダメだと思いました。

 

 と、書いてもそんなのただの甘えだ、自分に甘いだけだと言われることも分かっているし、わたしも理解しています。だれのために授業をうけるってそれは自分のためです、変な理由を付けて学校に行きにくくなっていることはよくないです。

 

 

いままで自分に甘く生きてきたんだから厳しく生きていってもいいんじゃないのと母に言われました わたしは自分にすごく甘くて、調子に乗って生活しているのではないだろうか 何も考えずにその一瞬が楽な方へと進んで生活しているだけではダメです 自分が生きていくためのお金はじぶんで作らなければなりません、ひとりで生きていけるようにならないとダメなのに、こうやって甘えてばかりの生活で、自己中心的な考え方しかできないので、寝坊をしたところで自分がつらいだの、嫌になるだのと言って、迷惑をかけてしまった人へ申し訳ないという気持ちを持つことができないのです それで「人間としてたかが知れている」と言われるのです しかしわたしはわたしを甘やかして生活していますがだれに甘えた生活をしているのかは分かりません 他人でさえわたしを甘やかすのにわたし自身もわたしを甘やかしては人間は腐って行く一方です この生活から早く脱却したいと思います はやくきちんと朝に目覚めよるに眠る人間らしくて健康的な生活を営まなければなりませんそうでないと体はおかしな形になって行くだろうし顔は目が半開き、年の割に老けた表情と肌、醜い吹き出物だらけの頬、下がった口角のかわいげのないくちびるという風貌になってしまう せっかく両親がくれたからだと顔なので大事にしなくてはならない、そのためにも明日は7時に起きます。