新潟のお米チップスが食べたい

 

小さい頃 あついお茶があつくて飲めなくて氷を入れてもらってぬるくなったお茶を飲んでいたような気がする。いまは熱いものは熱く、冷たいものは冷たく食べるのが好きです。でもココアをあんまりあっためすぎると牛乳の「膜」ができちゃって困るのでココアは熱いちょっと手前で火を止めた。

 

あと小さい頃 「すする」ことができなくてうどんとか蕎麦とか食べるの苦手だった気がする。口に入りきらない分は歯で噛み切ってた。今は、自分の口の大きさがだいたい分かってきたので箸でつまむ時に調整しています。うどんは一度に1本、蕎麦は3本(ただし蕎麦は歯で噛み切りやすいから一概に3本とも言えない)。

いまもって「すする」ことができないんだけど、それは

・服に飛び跳ねるから

・意外と熱かった時やけどするころを知っているから

・音がたってうるさいから

です。

 

些細なことだと、小さい頃なら「できないからやらない」だったのかもしれないけど、いまは「したくないからやらない」になってきてるんだなあ。(まとめ)

 

 

 

明日は7時に起きます